KEN THE 390

【プロフィール】

自らのラップはもちろん、イベント/レーベル運営まで精力的に行い注目を集める、KEN THE 390。

年間100本を超えるクラブでのライブと、フリースタイルバトルでの数々の輝かしい戦歴により、その名を広め、2006年インディーレーベルであるダメレコードからリリースされた1st ALBUM「プロローグ」は歯切れ良いフローと繊細なリリックが同居した独特の世界観からクラシック(名盤)と評価も高く、当時のインディーズ市場としては脅威のビックセールスを記録。

2008年からは、avex rh

記事一覧(437)

[LIVE]8/31(金) KODE×1 OAK TOKYO新夏祭り @ 1 OAK TOKYO

KEN THE 390 出演します。完全招待制イベントとなります。応募はこちらから『KODE×1 OAK TOKYO新夏祭り』第二弾アーティストが決定!KEN THE 390、YDIZZY、GOMESSの競演、超人気レストラン「81」とのコラボも8月31日、インスピレーション・カルチャー・マガジン「KODE」が主催する、『KODE x 1 OAK TOKYO新夏祭り』が開催される。『新夏祭り』は、「KODE」が仕掛ける日本の伝統文化とストリートカルチャーを融合したPLAYFULLNESSなイベント。“Gate Way To New Standard”をコンセプトに、これまでの凝り固まってしまったコミュニティからでは生まれない新しいカルチャーを発信する。すでにメインアクトとしての参戦が決定しているANARCHYに続き、ついに第二弾出演アーティストが発表された。第二弾出演アーティストとして名を連ねるのは、自らのラッパーとしての活動はもちろん、主宰レーベルの運営からMCバトル番組のレギュラー審査員としてもお馴染みのKEN THE 390、既存の枠にとらわれない新世代ラッパーとして注目を集めるYDIZZY、文学的フリースタイルラッパーとして唯一無二の存在感を放つGOMESSの三名。シーンや場所、ジャンルを問わずに活躍する、『新夏祭り』のコンセプトに相応しい実力派ばかり。名実ともに大きなうねりを作り出してきた彼等のパフォーマンスが、新時代の始まりを告げる。