KEN THE 390

【プロフィール】

自らのラップはもちろん、イベント/レーベル運営まで精力的に行い注目を集める、KEN THE 390。

年間100本を超えるクラブでのライブと、フリースタイルバトルでの数々の輝かしい戦歴により、その名を広め、2006年インディーレーベルであるダメレコードからリリースされた1st ALBUM「プロローグ」は歯切れ良いフローと繊細なリリックが同居した独特の世界観からクラシック(名盤)と評価も高く、当時のインディーズ市場としては脅威のビックセールスを記録。

2008年からは、avex rh

記事一覧(427)

[LIVE]8/31(金) KODE×1 OAK TOKYO新夏祭り @ 1 OAK TOKYO

KEN THE 390 出演します。完全招待制イベントとなります。応募はこちらから『KODE×1 OAK TOKYO新夏祭り』第二弾アーティストが決定!KEN THE 390、YDIZZY、GOMESSの競演、超人気レストラン「81」とのコラボも8月31日、インスピレーション・カルチャー・マガジン「KODE」が主催する、『KODE x 1 OAK TOKYO新夏祭り』が開催される。『新夏祭り』は、「KODE」が仕掛ける日本の伝統文化とストリートカルチャーを融合したPLAYFULLNESSなイベント。“Gate Way To New Standard”をコンセプトに、これまでの凝り固まってしまったコミュニティからでは生まれない新しいカルチャーを発信する。すでにメインアクトとしての参戦が決定しているANARCHYに続き、ついに第二弾出演アーティストが発表された。第二弾出演アーティストとして名を連ねるのは、自らのラッパーとしての活動はもちろん、主宰レーベルの運営からMCバトル番組のレギュラー審査員としてもお馴染みのKEN THE 390、既存の枠にとらわれない新世代ラッパーとして注目を集めるYDIZZY、文学的フリースタイルラッパーとして唯一無二の存在感を放つGOMESSの三名。シーンや場所、ジャンルを問わずに活躍する、『新夏祭り』のコンセプトに相応しい実力派ばかり。名実ともに大きなうねりを作り出してきた彼等のパフォーマンスが、新時代の始まりを告げる。

[客演参加] SKY- HI 「So What!? REMIX feat. eill & KEN THE 390」

MIX TAPE(MINI ALBUM)01. Free Tokyo02. Name Tag feat. SALU & Moment Joon03. What are you talking about? feat. Hideyoshi & Novel Core04. I Think, I Sing, I Say feat. Reddy05. Dystopia06. The Story Of "J"-iTunes & Apple Music & Sportify Bonus Track-07. So What?? -Remix- feat. eill & KEN THE 390https://lnk.to/sky_hi_free_tokyoメジャーデビュー5周年を迎える2018/08/07から期間限定(2018/08/20まで)でFree Downloadが行われ話題となったMIX TAPE(MINI ALBUM) 『FREE TOKYO』の配信がスタートした。この作品は完全セルフプロデュースとなっており、自身のスタジオTHE LAB -OVERTURE-で全曲のトラックメイキング、レコーディングを行なっている。これまでも数多くのコラボレーションをおこなって来た盟友SALU、韓国出身・大阪在住で自らの経験を落とし込んだ現代社会が向き合うべきリアルが込められた楽曲が話題のMoment Joon、Weny DacilloやNormcore Boyzなどが所属し注目が集まるクルー”Tokyo Young Vision”のラッパーHideyoshi、長い沈黙を破り、新たな形でシーンに姿を現したNovel Core、韓国で確固たるPROPSを集めシーンを代表するレーベル”Hi-Lite Records”で今もっともHOTなラッパーReddyといった、自身の活動を通してリンクしていった国内外のアーティストが客演として参加しており、まさにSKY-HIがこれまでの経験によって培われたラッパー/プロデューサーとしてのスキルが詰まった作品となっている。そして、今回の配信に際しiTunes / Apple Music, Sportifyの限定ボーナストラックとして収録される「So What?? -Remix- feat. eill & KEN THE 390」は、6月に発売されたMAXIシングル『Snatchawy / Diver’s High』に収録されている「So What?? feat. KENSUKE a.k.a. KEN THE 研究丸」のREMIX音源で、KEN THE 研究丸に変わり本家本元のKEN THE 390と、2018年の中村アン出演のPEACH JOHNのCMソングに歌唱起用され話題を呼び、デビュー曲「MAKUAKE」がApple Music New Artistsにも選出された二十歳のシンガーソングライターeillが参加している。eillの参加はシングルの発売タイミングにSKY-HIがSNSでREMIXの募集を呼びかけネット上に公開された音源の中からSKY-HI自身が選出し決定に至った。

[LIVE]8/26(日) ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》@ 東京・品川ステラボール

【公演名】ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》【会場】東京・品川ステラボール【開催日】2018年8月26日(日)【時間】開場17:00/開演18:00(予定)【出演】木村昴、石谷春貴、天﨑滉平、浅沼晋太郎、神尾晋一郎、駒田航、速水奨、木島隆一、伊東健人、白井悠介、野津山幸宏【チケット料金】・BATTLEFIELD:7800円[税込](1Fスタンディング)・中王区貴賓席:8800円[税込](2F指定席)※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。※整理番号順の入場となります。※別途入場時ドリンク代あり。ライブビューイング開催概要【公演名】ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》ライブビューイング【開催日】2018年8月26日(日)【時間】18:00上映開始【チケット】4200円[税込](全席指定)【会場】・イケブクロ・ブロック:シネマサンシャイン池袋/ユナイテッド・シネマとしまえん・ヨコハマ・ブロック:TOHOシネマズららぽーと横浜/横浜ブルク13/ムービル・シブヤ・ブロック:ヒューマントラストシネマ渋谷/TOHOシネマズ 渋谷・シンジュク・ブロック:TOHOシネマズ 新宿/新宿バルト9・中王区・ブロック:TOHOシネマズ 日本橋/TOHOシネマズ 日比谷※上映開始時間は変更になる可能性がございます。